上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.05.08 MFC-6490CN
 一部の巷で噂の、A3複合機brother MFC-6490CNを購入してみました。
MFC-6490CN.jpg
何が凄いのかと言うと、A3複合機でありながらとても安価であり
そして比較的小型サイズという所です。それでもまぁ大きいのですが…
A3スキャナ、プリンタ、コピー、FAXと色々機能があるのにこの価格。
結構漫画家さん達の間でチラホラ話題に出ているのを見て、
興味が出てきてしまい便利そうなので買ってしまいました。

同人誌ではA4サイズ用紙での作成がデフォだったりするんですが
商業誌ではB4サイズの用紙を取り扱う事が多く、家庭用のA4スキャナだと
PCに取り込むのがかなり手間かかるのです。
その手間分を解消出来たらなぁと。
EPSONから出てるA3のスキャナは十万以上するので流石に手は出せなく…。

購入前に色々と情報を収集してみたのですが、漫画家さん達の欲しいなという話しは見当たるものの
購入レポはあまり見当たらなく、結構迷った末に購入しました。
特にスキャナ機能がどの程度のものか。
仕事用原稿のデーター取り込みとして使い物になる代物かどうか。
漫画家さん達の気になる点、知りたい点はそこだと思い、
折角購入してみたので性能を比較してみました。

 スキャナ機能の取り込み比較してみたのはこの画像。
yotuba_full.jpg
自分が絵の練習として、よつばとのコミックを拡大コピーしてB4用紙にトレスペン入れしたものです。
恵那の服は同じトーンがなかったので貼ってません。
B4サイズ110kgの原稿用紙に、スクールペン、Gペン、製図用インク、ミリペンで描きました。
この画像もMFC-6490CNでスキャンしてあります。


全部フルサイズで比較したかったのですが
流石に容量が大き過ぎてしまうので1コマ目と3コマ目の一部分で比較。

解像度600dpiで取り込んで、あえて画像ソフトでの明るさコントラスト調整はしてありません。
brotherのスキャナ取り込みソフトTWAINの方では明るさコントラスト調整は0にしてあります。
画像をクリックで元サイズが出ます。

・まずEPSON GT-9300UF
EPSON_GT9300.jpg EPSON_GT9300_2.jpg

・brother MFC-6490CN 白黒
bro_6490_sirokuro.jpg bro_6490_sirokuro_2.jpg

・brother MFC-6490CN グレー
bro_6490_mono.jpg bro_6490_mono_2.jpg

・brother MFC-6490CN 256階調グレー
bro_6490_256mono.jpg bro_6490_256mono_2.jpg

・brother MFC-6490CN 1677万色カラーで取り込み後フォトショップでグレースケール化
bro_6490_1677.jpg bro_6490_1677_2.jpg



 このような結果になりました。
いつもはEPSONのスキャナで上下半分づつ取り込んだ画像を
一枚に合成、手作業でゴミ取り、気になる部分の線画修正し、
2階調化の境界しきい値140ぐらいにしたのを原稿として使用してました。

 brotherの性能の方なのですが、
一番期待していた256階調グレーでの取り込みは何故かボヤけまくりで
これのスキャナ機能は全く使い物にならない……と思ったものの
1677万色カラーで取り込こんでからグレースケール化したものは
EPSONで取り込んだものと遜色ない物になってます。ちょっとボヤけてますが。
あと少し薄い感じなので明るさコントラストをいじれば同じになるかな…。

グレーでの取り込みは、強制2階調化のようで色が薄い部分はディザ化して取り込んでくれます。
画面上で見ると酷い状態なのですが出力してみるとキレイに印刷されます。
これは明るさコントラスト0で取り込んであるので、ベタの薄い部分もディザかかってしまってますが。
最後に2階調化する漫画原稿ではこれは使えるような気がします。
普通にグレースケールで取り込んでから2階調化するよりも
場合によってはキレイになるかも?

白黒での取り込みはその名の通り、白黒の2階調での取り込みです。
白黒の1200DPIで取り込んでそのまま原稿として使用するのもいけそうな感じです。

とりあえず自分は1677万色カラーで取り込んでからグレースケール化したもので
しばらく試用してみたいと思ってます。
雑誌や本として掲載される原稿は縮小がかかった上、
精度がかなり落ちた状態で印刷されるので多分以前と何も遜色ない
ものになるはず…。

ついでに…
・brother MFC-6490CN 1677万色カラーで取り込み後フォトショップでグレースケール化
したものをフォトショップ上で明るさコントラストをいじり、シャープ(輪郭のみ)処理をしてみた画像
hensyu.jpg
結構いけてる?



 正直、スキャナ機能はそんなに期待をしていなく、
編集部に送るネームのスキャン用にでも使えればいいかなと思ってたのですが
使い方次第では普通に原稿の線画取り込みにも使えそうです。トーンは流石に無理っぽいですが。
線画は生原稿、トーンはデジタルって使用する分には普通に使えそうです。
自動で複数枚をスキャンしてくれるADFも付いているのが便利です。


コピー機能の方も高画質で印刷すれば特に不満ない感じです。
一番高画質で印刷をして、ローソンのコピー機並ぐらいの画質でしょうか。
インクジェットなので印刷品質を上げるとスピードは遅いですが。

プリンタ機能はうちにあるEPSON PM-3500Cとそんなに遜色ない感じでした。
一昔前のプリンタなので、今の時代のやつと比べたら見劣りしてしまうんでしょうが…。
これもやっぱり品質を上げると印刷スピードはかなり遅いです。

 他にマイナスな点を上げるとしたら、
・印刷やスキャンの音が結構ウルサイ
・ボタン確認音がウルサイ。消音にしても一部強制的に鳴る
・スキャナソフトが貧弱
・印刷スピードが今の時代の機種と比べ遅い
・世界最小といってもデカイ
こんなとこでしょうか。



こんな感じでした。
購入しようか悩んでいる人の参考になれば。
ちなみに梱包箱はみかん箱4つ分ぐらいのデカさでした…。
Secret

TrackBackURL
→http://banakure.blog61.fc2.com/tb.php/289-5f0fed8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。